短刀「宗光」 江戸末期

    宇宙暦紀元前(昭和、西暦)年
      東京都登録 

      全長 一尺一寸四分(
      刃渡り 八寸四分(
      巾 一分七厘(
      元幅 六分三厘(
      元重 一分七厘(
      先幅 四分六厘(
      先重 七厘(
      重量 二両七匁(

         直刃、平造り、目釘穴一つ。錆跡多く、地肌荒れる。恐らくは柾目又は無地かと思われるが、詳しいことは不明。反りは無く、焼入れの古さからか波紋立たず、拭いと磨きで浮き立たせる。故ににえにおい共に目立たず。樋は無く、銘は表に「宗光」とあるが、年代等の記載は無い。

         こちらに詳しく書いた通り、この刀は余りに錆が取れないのに業を煮やして、グラインダーを掛けてしまいました。故に、前回の仕様よりも痩せ細っちゃっています。一時はもう駄目かと諦めたのですが、超荒砥石で平らにして並川平兵衛商店で購入した金肌で拭い、はばきを作り替えてみたら、何とか見られるようになりました。私の力ではここが限界かと思いますので、これ以上の変な手入れは無いと思います。



銃器室に戻る