ガムの枚数


 私の記憶では、グリコから出ていた「鉄人28号ガム」とかは4枚入りでした。こういう時代はそんなに困らなかったのです。というのは、私はガムって奴を1枚ずつ口に入れると何とも頼りない気がしてしまって、一度に2、3枚は放り込んでたんですが、4枚入りなら2枚ずつとかに出来るでしょう。ところが、少し経つと7枚入りとかいうのが出だしたんですよね。しかしあなた、7は素数じゃありませんか。これは、3+4と考えるべきか、はたまた2+2+2+1と分けるべきか、幼い私はけっこう悩んだものです。結局は1枚ずつ口に入れていって、前のが甘くなくなったら次のを入れるというので解決しましたが、せめて8とか9とかにしてくれたら、もっと簡単だったでしょう。
 おっとところで、甘くなくなったガムが口に入っている状態でキャンディを噛り、そのまま風船を膨らませるという技もあるのですが、これについては次の機会にしましょう。


写真館へ戻る