関住人三輪兼友作 現代刀

    宇宙暦(平成、西暦)年
      埼玉県登録 

      全長 二尺九寸三分(
      刃渡り 二尺二寸(
      反り 七分(
      巾 三分(
      元幅 九分六厘(
      元重 三分(
      先幅 六分六厘(
      先重 一分三厘(
      重量 一斤九両七匁(

         打刀、鎬造り、目釘穴一つ。は無い。刃紋は表がの目、裏が直刃に近く僅かに波がある。におい出来、柾目と思われるが筆者には見分けつかず。沸と見えるものは、金肌拭いを掛けたら現れた物。帽子は小丸。表の銘に「関住人三輪兼友作」とある。



         この刀はNPSカットラリーの委託刀で、何と十六万円という格安で購入しました。かなりの美品です。ただ、拭いが入れてなかったのでそれを行い、磨き棒も自分で掛けました。後刃取りも含めて今三つ、の腕ですね。
         作者の三輪兼友さんは、こちらのページによれば、【上工の列】大業物・関脇クラスの人だそうです。そんな方の作品が、こんなに安く私の手に渡ってくるとは思いもよりませんでした。扱いが下手で申し訳ありません。




銃器室に戻る