申し訳ありませんが、本ページはジャバスクリプトを多用しております。もしも表示がおかしかったりした場合、それはスクリプトが原因だと思われますので、その点はご了承下さい。


最近の更新

遥かなる地球からの歌――マイク・オールドフィールドの部屋


 もちろん、あなたはマイク・オールドフィールドを御存じだと思います。彼は、いわゆる「プログレッシヴ・ロック」といわれる分野の中では、もっとも成功し、かつ長く生き残っている人の一人でしょう。私が初めて「チューブラー・ベルズ」を聴いたのは、もう 年も前、高校生の時でした。そしてそれ以来、ずっと彼の音楽を追い続けています。おそらく、「チューブラー・ベルズ」だけで、500回以上は聴いたでしょうか。
 さて私は、その 年前にはまったく楽器が出来ない少年でした。しかし、「チューブラー・ベルズ」は私の中に眠っていた音楽への情熱を叩き起こし、私はピアノの練習を開始しました。目標はただ一つ、少しでもこの偉大な男に近づくことです。そして、2台のテープ・レコーダーを使って録音を開始しました。
 もちろん、 年間鍵盤を弾いて来た現在の私でさえ、未だ18歳当時の彼にかないません。しかし、少なくとも「チューブラー・ベルズ」との出会いは、その後の私の人生を決定的に変えてしまいました。多分、これほどの衝撃は、その数年後にSFに出会った時以外にはなかったと思います。このコーナーは、そんな私のマイク・オールドフィールドへの想いから生まれました。
――平田真夫 (E-mail:atelier@hirata-koubou.com)

目次

    レビュー

      ハージェスト・リッジ/オマドーン 2010年版 - Hergest Ridge / Ommadawn 2010 mix
      天空の音楽 - Music of the Spheres
      チューブラー・ベルズ2003 - Tubular Bells 2003
      ヴォイジャー - Voyager
      遥かなる地球の歌 - The Songs of Distant Earth
      Water Bearer(サリー・オールドフィールド)
      フェードラ 2005(タンジェリン・ドリーム) - phaedra 2005

    立体音響による二つの「チューブラー・ベルズ」

      SACD版「チューブラー・ベルズ」
      DVDオーディオ版「チューブラー・ベルズ2003」

    小情報

      ラジコン飛行機の音?

    自作グッズ

      「チューブラー・ベルズ」のジッポー・ライター
      「チューブラー・ベルズ」のジャケット
      「チューブラー・ベルズ」のペンダント
      ラジオコントロール――タルカス
      クリムゾン・キングのお面

    平田音楽工房
    他のサイトへの接続
    簡単な自己紹介


他のサイトへの接続

 他のマイク・オールドフィールド関連サイトについては、次を参照して下さい。

    Mike Oldfieldオフィシャルサイト

       本家本元。当然、情報とかも早いです。定期的にチェックしましょう。

    マイク・オールドフィールド・レビュー

       ここはとにかく充実しています。細かいディスコグラフィーだけではなく、オリジナルの小説もあったりなんかして――。

    NEW FIELD'S MOVIE, SF, & ROCK N' ROLL !

       ここと同じく、マイク・オールドフィールドだけでなく、SFも取り上げられています。「ミレニアム・ベル」のレビュー、先にやられちゃったなあ。


 なお、このページへのリンクは自由です。どんどんリンクを張って下さい(むしろ、張って欲しい)。また、もしも事後承諾でもメールをいただければ、こちらからもリンクを返したいと思いますので、同じような趣旨のページをお持ちの方は、ぜひ御連絡下さい。
――平田真夫 (E-mail:atelier@hirata-koubou.com)




音楽室に戻る
アトリエ「平田工房」 →